リレンザはお酒の影響を受けるか

インフルエンザの治療薬として名を馳せているものの中でも代表的なものがリレンザです。インフルエンザの治療に使用できる信頼性の高い医薬品として最も始めに市場に登場したのがリレンザであり、その地位は後発品の経口薬の有効性が広く知られるようになったことによって大きく向上しました。リレンザは日本ではあまり普及していない吸入薬として開発されたことから発売当初はそれほど高い注目を集めなかったものの、同じ作用メカニズムである経口薬の後発品が使用されるようになり、その耐性ウイルスが問題になると高い注目を浴びるようになったという経緯があります。現在ではその吸引方法も知られるようになってインフルエンザの治療薬として確固たる地位を獲得しています。インフルエンザに掛かってしまった場合には速やかにリレンザの服用を始めることによって回復を早めることができますが、その際に飲み合わせについて気をつけなければならないかということを懸念する人も多いでしょう。特にお酒の影響を受けるかということはお酒が好きな人にとって重要なことです。リレンザはその添付文書にある情報の上ではお酒の影響を受けるということは記載されておらず、アルコールの摂取について特に制限はありません。そのため、たとえお酒を飲んでいても飲むことができますが、その際には注意しなければならないことがあります。たとえリレンザがお酒の影響を受けることがないとしても、身体はお酒の影響を受けるということです。インフルエンザによって体力も低下し、胃腸も弱っていることが多いため、お酒による刺激が身体をさらに弱らせてしまい、治療を遅らせる原因となる可能性は否めないでしょう。

ページトップへ