リレンザの薬名とインフルエンザ特効薬としての効果

リレンザは成分薬名をザナミビル水和物として、世界で初めて開発された抗インフルエンザウイルス薬となります。薬名の由来は軽減する、楽にするという意味の「relieve」と、インフルエンザである「influenza」を合わせた言葉で、症状から回復することを願って「relenza」と名付けられています。抗インフルエンザウイルス薬が開発されるまでは、解熱鎮痛剤などを用いた対処療法しかなく、体力のない小児や免疫力の低下した高齢者では死亡するケースも少なくありませんでしたが、特効薬であるリレンザの開発によってインフルエンザの治療は激変しました。ウイルスは細胞内に侵入し、遺伝子を複製しますが、細胞から離れて増殖する際にノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を使用します。この酵素を選択的に阻害するのがリレンザの作用で、この効果によってウイルスを細胞内に閉じ込め、増殖を抑えることでインフルエンザの重症化を阻止するという特効薬になっています。ウイルスが体内に増殖しきった場合にはほとんど効果はありませんが、インフルエンザの症状が現れてから48時間以内であれば、十分な効果を発揮します。インフルエンザにはA型、B型、C型と3種類の構造による違いで分けられていますが、この中でノイラミニダーゼを持つA型とB型にのみ作用します。もとよりC型はさほど感染力がなく、一度でも発症すれば抗体ができて再び感染する可能性が低いので問題にはなっていません。インフルエンザの特効薬として世界で大々的に登場したリレンザですが、薬剤を吸入器で飲むという特殊な形状から飲みにくいというデメリットが存在し、後に発売される経口薬にその座を奪われたことから、薬名を知らない人も多いようです。しかし、使用する患者の年齢によっては第一選択になりえるものなので、現在でも多くの患者に処方されている治療薬となっています。

ページトップへ