タミフルとリレンザのそれぞれの服用できる年齢

タミフルとリレンザはインフルエンザの特効薬として販売されおり、感染した患者に治療薬として処方されています。
しかし、服用できる年齢がそれぞれ異なっているため、処方する場合は患者の症状やインフルエンザの流行具合から医師が判断して、使い分けて処方するようになっています。
成人であればどちらを使用しても問題ありませんが、リレンザは吸入器を使用した服用方法となっているので、吸入が難しい年齢では処方されることはありません。
推奨されるのは5歳以上の幼児からで、症状が軽く呼吸器に影響がない場合に限ります。
重症の場合は呼吸器に影響が出ていることから、吸入するのが困難になる場合もあるため、リレンザの処方を諦めてタミフルに切り替えます。
タミフルは剤形がカプセル、錠剤、ドライシロップと用意されており、どの年代でも使用することが可能ですが、10代の未成年には異常行動の副作用が多く見られ、死亡したケースもあることから、厚生労働省でも使用は控えるように指導され原則的には処方されません。
そのことから、基本的に10~20歳未満の子供には吸入タイプのリレンザを第一選択として、重症の場合に限り、医師の判断で親の監視付きを条件としてタミフルを処方することがあります。
また、子供は錠剤やカプセルを飲むのが困難なため、水に溶かしたり、ヨーグルトに混ぜることで飲みやすくできるタミフルドライシロップが用意されます。
成人の場合はタミフルの錠剤かカプセル、あるいはリレンザを処方します。
どちらも服用可能なのは1歳以上からで、新生児は治療薬を飲むことも無理であることから、タミフルやリレンザを使用せず、状況によって点滴薬などを使用します。

リレンザは予防としても服用可

リレンザはタミフルと並びインフルエンザの際に使用されることが多く、予防薬としても使われることがあります。
インフルエンザは感染力が強めで、潜伏期間も1日から2日となっており感染すると突然高熱が出てきます。インフルエンザに感染したと思われる人と接触した場合は、感染している可能性が余計に高くなっており、手洗いやうがいをしてもかかってしまうことがあります。ウイルスは喉や鼻の粘膜につき、増殖し、肺でも増殖することができます。
症状としては高熱、咽頭通、頭痛、筋肉痛があり、全身の倦怠感が見られます。鼻水や咳こみ、くしゃみは感染してから3日目ぐらいに出てきます。呼吸器に慢性疾患があったり、糖尿病の方や高齢者、小さな子どもはインフルエンザに感染すると肺炎などを起こし生命に危険が及ぶこともあります。
リレンザはインフルエンザの治療薬として使われることがあり、適切な時期に吸入を始めると効果があります。ウイルスが増えるのを防ぐため、吸入してから2日目ほどで全身の症状が和らいできます。1日に2回、5日間吸入しますが、子どもでも大人でも吸入する量が変わらないのが特徴の一つです。
予防薬としてのリレンザは1日1回10日間使用します。最高で10日間吸入でき、吸入している間はインフルエンザに感染する可能性が低くなります。ですが、予防薬としてリレンザを使用する時は自費での購入となりますし、処方してもらうにはいくつかの点でクリアしなくてはなりません。一般的に処方してもらえるのは肝疾患や糖尿病、慢性的な呼吸器疾患がある、高齢者の方で家族にインフルエンザに感染した人がいる場合です。ですが、受験生などどうしても休めない人にも処方してもらえることがあるので、医療機関で相談をすると良いです。

リレンザの服用方法と注意点

インフルエンザは毎年冬の乾燥した季節になると流行が始まる感染症であり、高熱や各部の痛みに悩まされることになるため、多くの人が予防や治療に関心を持っています。
その治療に用いられる医薬品として名を馳せているものにはいくつかありますが、その代表的なものの一つがリレンザです。
リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬として最も初期に市場に登場したインフルエンザ治療薬であり、吸入薬としての開発が行われました。
経口摂取を行っても十分な血中濃度を稼ぐことができないという面もありますが、インフルエンザウイルスの感染経路である呼吸器に直接有効成分を届けることができるという点からも吸入薬が効果的であると考えられたのがその開発の経緯となっています。
日本においては吸入薬はそれほど頻用されていないことから、その吸入を容易にするための専用の器具が開発されており、実際に服用する際にはその使い方を学ぶことが必要になるということは留意しなければなりません。
一方、ノイラミニダーゼ阻害薬の特徴として、インフルエンザウイルスの増殖を抑制するというメカニズムであることから、感染の初期から服用を始めなければ効果が期待できないという点も注意しなければならない点の一つです。
高熱などの初期症状が出てから2日以内に服用を始めるというのがその基本原則であり、それによって治療を早めることができるというのがリレンザの効果です。
そのため、流行の時期にインフルエンザと疑われた場合には速やかに医師を受診して検査を行ってもらうことが大切になります。
そして、速やかに処方してもらうことによって治療を開始するとインフルエンザから速やかに回復することができるでしょう。
■買い置きをしておこう
インフルエンザ 薬

ページトップへ